2ドル
店にたまに訪れる20歳ぐらいのオージーの女の子がきた。

彼女は電気車椅子に乗り、手を動かすのもしゃべるのも不自由だ。

彼女のところに行き注文をとって、

コーヒー代をいただいた。

そして彼女はひざの上にあった2ドルを不自由な手で取り、

これチップと言って渡してくれた。

120810.jpg

2012/08/12(Sun) | Comment(0) | page top↑
Comment
Write a comment













管理者にだけ表示を許可する

Trackback
Trackback URL
→http://jiropan.blog69.fc2.com/tb.php/855-b5100c37
前のページ Back to home  次のページ